知育玩具・世界のおもちゃの企画・販売
ならジオジャパン

知育コラム

子育てが難しいと感じる子どもについて考える

公開日: 2020年8月15日
知育コラム
Twitter Facebook
ブログで紹介
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
<a href="https://toy.geojapan.jp/column/educationcolumn/20200815-2804/" target="_blank">子育てが難しいと感じる子どもについて考える</a>
子育てが難しいと感じる子どもについて考える

子育てが難しいと感じる子どもについて

ライターのゆーままです。今回は「子育てが難しいと感じる子どもについて」というテーマで書いていきたいと思います。

※ライター・ゆーままとは?
現在2歳の娘を育てる専業主婦。子どもが生まれる前は、保育士として5年半子どもたちと過ごす。障害児保育の経験あり。

保育士として働いている時にも、「子育てに難しさを感じる」という相談をよく聞いていました。
この記事を読んで、子育てに難しさを感じているママやパパが少しでも前向きな気持ちになってくれれば嬉しいです。

パパやママはどのような場面で子育ての難しさを感じているのか

具体的に、子育て中のパパやママはどのような場面で子育ての難しさを感じているのかご紹介します。
●自分の思いが通らない時に大声が出る
お店で買い物をしている時に、買いたいものを買うことができず店内で大きな声が出てしまう子どもがいます。
発達障害がある子どもの場合、さらに買いたいものへの思いが強く、取り乱してしまうこともあります。

●発達障害は周囲の人に理解を得にくい場合がある
発達障害(多動性注意欠陥障害や自閉症スペクトラムなど)は一見周囲の人と変わりなく見えるので、急に大きな声を出したり多動になったりすると周囲の人を突然驚かしてしまう場合があります。
取り乱す子どもを見て「親の育て方が悪いのではないか」と周囲の人に我が子の障がいを理解してもらえない時に、パパやママは悲しくなると言います。

子育てに難しさを感じる子どもと前向きに過ごすためには?

我が子に障害があるないに関わらず、子育てに難しさを感じているママやパパは多いと思います。
そんな子育てに悩んでいるママやパパたちに、我が子との生活を前向きにするためには、どのような方法があるでしょうか。

●発達障害の可能性がある場合、早めに専門家に話を聞いてもらう
専門家は、ママやパパの子育ての悩みにしっかりと寄り添ってくれます。必要によっては発達テストなども行ってくれる時がありますよ。より具体的に子どもとの関わり方を教えてくれるので、子育てを前向きに考えるいい機会になります。

●視覚支援で親子ともに楽しい生活を
視覚支援とは、絵やカードにして子どもにわかりやすく物事を伝えていくことです。
特に発達障害の子どもたちは、言葉で伝えるだけでは理解が難しい場合があります。
ママやパパがルールを伝える時には、視覚支援を取り入れるとスムーズにそして楽しく子どもに伝えることができますよ。

●子どもの遊ぶ環境やおもちゃを見直す
子どもが家で落ち着いて遊ぶことができなかったり、出先で落ち着きがなくなったりする場合がありますよね。そんな時には、子どもが遊ぶ空間やおもちゃを見直してみてください。
発達障害がある子どもたちは、黙々と取り組める型はめや数を数える知育玩具などに夢中になる場合が多いです。お家で遊ぶおもちゃの中に1つか2つ、黙々と遊べるおもちゃを準備しておくと、子どもが安心して過ごせますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

知育ブロックQBI

この記事についてシェア!
Twitter Facebook
ブログで紹介
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
<a href="https://toy.geojapan.jp/column/educationcolumn/20200815-2804/" target="_blank">子育てが難しいと感じる子どもについて考える</a>
新着記事
Insatagram