知育玩具・世界のおもちゃの企画・販売
ならジオジャパン

知育コラム

「発売しなかった」おもちゃ達からみるENGAGING TOYS

公開日: 2020年6月15日
知育玩具
Twitter Facebook
ブログで紹介
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
<a href="https://toy.geojapan.jp/column/educationaltoys/20200615-2732/" target="_blank">「発売しなかった」おもちゃ達からみるENGAGING TOYS</a>
「発売しなかった」おもちゃ達からみるENGAGING TOYS

学校・保育園が再開されました

ENGAGING TOYSの南です。今日は「発売しなかったおもちゃ」のことたちを振り替えってみたいと思います。

※チームリーダー・南 貴人とは?
株式会社ジオジャパン トイ部門のチームリーダー。30代。1男1女の父親。乗り物(電車・飛行機)好き。


緊急事態宣言も解除され、小学校も保育園も再開されました。我が家の子ども達にとっても長い在宅期間でしたが、再開されると小学校・保育園の存在の有難さを改めて実感します。ただ小学校や保育園ではいい子の振りをしているのか、帰宅するとママの取り合いになり、一緒に遊んでいると家事がまったく進まない、という報告を妻からは受けています。

平日の夜や土日になんとなく子供たちを観察していると、娘は色々なものに手を出すのですが、比較的飽きるのも早いです。対照的に息子はこれだ!と決めたらとことん同じもので遊びます。親目線半分、仕事目線半分でいつも興味深く観察しています。

商品化しなかったおもちゃの話

改めて今回のコラムではさまざまな理由で商品化しなかった(できなかった)ストーリーを書いていこうと思います。おもちゃの商品開発も大変なんだな、と友人の苦労話を聞き流すような感覚で読んでいただけるとありがたいです。

2019年は「子ども向けのカメラ」を検討したのですが、商品化に至りませんでした。これは取引のある店舗様から商品を開発してほしいと依頼があり、調査を開始しました。見た目や値段など子どもにとって良さそうなものを見つけてサンプルを調達し、自分の子ども達に渡して使用感などを調査しました。値段はお買い求め安い価格で設計できたのですが、写真の解像度が粗く、ボタンやモニターの動作が分かりづらく、娘も使い方に難儀していました。
また弊社では電化製品を取り扱っていないこともあり、保守メンテナンスやサポート面から、商品化を見送ることとなりました。このカメラは今、日本の他の会社さんから発売されております。

懐かしいところでは、2013年頃に海外の「エコトイ」を検討したことがあります。プラスチック容器のリサイクルエコトイを検討しました。このトイについても結果的に見送りました。
当時の疑問は「海外のリサイクル商品を、輸送費用も追加して高く日本で販売し、本当の意味でエコの普及になるのだろうか?」というものでした。ただ、この商品は他社さんが採用し、店舗でもよく見かけることがあり、とても勉強させて頂きました。

葛藤を重ねたプログラミング・トイ

最近一番の葛藤といえばプログラミング・トイです。ゴールを設定し、矢印マークが描かれたカードなどをロボットに読み込ませてゴールまで走らせる…というタイプのおもちゃです。このタイプは2018年あたりからたくさんの国内外のメーカーから発売され、弊社でも複数のサンプルを取り寄せて比較検討しましたが、これも結果的に見送りました。

プログラミング・トイについては本当に多くの時間を割いて検討しましたが、未だに答えがでないという状況です。理由はプログラミングを幼少期から学ぶ必要性や、この種の玩具で得られる知育効果において正解が出せず、結局どれも選べていません。サンプルだけでなく、日本のメーカーから発売されているも製品も購入して比較検討するなど本当に悩みました。そして悩みに悩んだあげく、「答えが出ないならやらない」という結論に至りました。答えが出せない経験は、約8年の商品開発のキャリアで初めてのことでした。

商品開発に時間をかける理由

海外のメーカーが集まるおもちゃの展示会は毎年1~2月に集中しており、私もその時期に海外をまわるのですが、来年の1~2月はどんな状況になっているでしょう。新型コロナウイルスの流行も落ち着いているのでしょうか。
1回の出張で概ね20〜30個程の新商品アイデアを持ち帰り、検討をはじめます。商品を発売するまでの時間は1商品あたり何百時間になるでしょう。その間、多くの調査と社内議論を重ねます。時間をかけている間に他社さんからの販売が決まってしまったこともあります。材質や設計次第では安全試験の費用が膨大で有効な価格設計ができず、見送ることもあります。

それだけ時間をかける理由は、チームのメンバーが自信を持って1つ1つのトイを発売できるか?ENGAGING TOYSとして、間違ってはいないか?と真剣に考えているからです。やはり「子どもたちが夢中になって遊んでくれること」が、おもちゃにとっての最大の価値だと思います。

今日は「開発しなかったおもちゃ」というちょっと変わった側面から、ENGAGING TOYSについて書かせていただきました。

ENGAGING TOYS 南

この記事についてシェア!
Twitter Facebook
ブログで紹介
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
<a href="https://toy.geojapan.jp/column/educationaltoys/20200615-2732/" target="_blank">「発売しなかった」おもちゃ達からみるENGAGING TOYS</a>
Insatagram
This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.